命のメッセージ

命のメッセージ

  • 2010-01-27 23:39:32

きのうお客さんから電話がありました。

30代半ばの若い二児のお母さんです。

あと・・・1ヶ月の命だそうです・・・。

この2年間病気と闘ってきましたが、芳しくないようです・・。

2年前に「あと半年」とお医者さんに宣告され、きょうまでがんばって
来られました・・・。

「最初病気のことを聞いたときはなんでワタシなの?と思いとても
ショックでした・・。でも、子供達と一日でも長くいっしょに暮らしたい
と思い、つらい治療にも耐えてきました。病気になって、毎日なにごとも
なく平凡に暮らせることがどれだけしあわせで、大事なことか気付く
ことが出来ました。いま、本当に大事なものが何かよくわかるんです。
それをたくさんの人に伝えたいんです。」

そう仰られていました・・・。

このことを書こうか、どうしようか悩みましたが、この方のメッセージを
伝えたい、と思い書きました。

人事ながらわたしにも受け入れられない(受け止められない)現実です。

でも、なにかこの思いを他の人たちにも知ってもらいたいと思いました。
どうかこの若いKさんが発信するメッセージを受け止めてください。
そしてどうかこれからの人生に活かしてください。
それが私にできるわずかなKさんへの気持ちに応えることです。

さいごに彼女はわたしに言いました。
「こんなわたしのためにいつも親切にしてくださってありがとうございます。
いろいろ面倒くさいお願いをして、迷惑をかけます。ごめんなさい。
そしていつもわたしの話しを聞いてくださってありがとうございます。
いつも親身になって聞いてくれるから、ついついおしゃべりになって
しまいました・・。つまらない話しをしてごめんなさい。」

そんなことはありません・・・。
あなたの話しがつまらないのなら、いったいどんな話しが大事な話し
なんでしょう・・・。
奇跡よ、起これ!
奇跡よ、起これ!
そう・・・願うだけです。

 

社員に対する基本姿勢

  • 2010-01-21 23:47:54

きょうはまた堅そうなテーマでしょ。

きょう、中小企業家同友会で上記のテーマでAさんの講演を「経営指針
プチセミナー」で行いました。

同友会ではマジメに自社の経営についてあらゆる角度から考えます。
その一つとして経営者の「社員に対する基本姿勢」があります。

みなさんの会社ではいかがでしょう?
社員(自分も含めて)とはどういう存在なのか・・・?

ある会社では社員を「戦力」と考え、またある会社では「労働力」と
考え、それ以外にもいろんな考え方があると思います。

それは経営者がどのように考えるかによって、社員さんの存在意義も
変わってきます。

どれが正しいかなんて答えはありませんが、わたしは「大事な会社の
財産」と考えたいと思います。
「財産」というと多少語弊がありますが、「大事な」というのが大事
です。(変な表現・・。)

「かけがえのない」と言い換えてもいいかも知れません。

わが社を選んで入社してくれた社員さんに「選んでよかった」と思える
会社になりたいです。
実際、そう思ってもらえるのは大変です。
やさしいだけではダメですし、きびしいだけではもっとダメだし・・・。
いかに社員さんに「やりがい」と「存在意義」を感じてもらうかが
わたしの最大のテーマです。

今年一年のテーマは「チャレンジ」です。
新鮮な言葉でもなんでもないですが、挑戦こそが私に取り、社員さんに
取り「やりがい」と「存在意義」を感じれるのでは、と思っています。

すこしマジメなテーマになりましたが、社員さんにも考えてもらいたい
テーマです。
目の前の仕事に追われる日々ですが、時には真剣に考えましょう。
きょうのメシより明日のユメです。ラッキー

いまの時代メシはどこでも食べられますが、ユメはどこでも見れませんよネ。

お久しぶりです〜

  • 2010-01-15 12:05:10

きのうは久しぶりにお友だち??に会いました。

お友だち、というとちょっとしっくり来ないけど、同友会でもないし
Lオンズクラブでもないし、アフラックでもないし、お客さまでも
ないし、でも学校の同窓生でもなんでもないという。
しいて言えば、「セミナー友だち」かな。

一頃よくいろんなセミナーに参加していたことがありました。
「自己啓発セミナー」「ファイナンシャルプランナーセミナー」
「スピリチュアルセミナー」などなど。

その頃知り合ったお友達です。

R馬くんは去年久しぶりに会っていましたが、R馬くんが声をかけて
くれて会えたIさん。
もう〜3,4年会ってなかったです。
忙しいのにかまけて、自分からはなかなか連絡しないわたしですが
ありがたいことに忘れかけたころに相手から連絡をいただくことが
多いんですよね。たらーっ

大手ハウスメーカーの営業から一転、独立の道を目指したIさん。
といっても工務店とかではなく、いわゆる「起業家」です。
いろんな新しいビジネスを模索しながら5年くらい経ったんでしょうか。
知り合いの多さではずば抜けたものを持っているようです。

久しぶりに会い、いろんな話しを聞かせてもらいました。
今のわたしとはまるで「接点」のない、でも興味あるお話しをたくさん。
さすが起業家、勉強しまくり、人に会いまくり、という感じです。ラッキー
わたしは(比較的)世の中のことを知らないんですが、いろんなジャンル
のお友だちがいるので面白いことを聞かせていただく機会に恵まれて
います。

Iさん、またまた会いましょ。
お近くのおいしい洋食屋さんでランチでも食べながら。ディナー
ひさしぶりに会えてとてもうれしかったです!!楽しい

経営理念の研修会

  • 2010-01-10 20:23:34

え〜、いつもの中小企業家同友会の研修会です。
同友会と言えば「経営理念」、「経営理念」と言えば同友会というくらい
です。

今回も昨年8月より6ヶ月コースに参加した経営者の方々の最終セミナー
でした。
1泊2日で行われました。

最近はわたしもなかなか全過程に参加出来てないんですが、最終セミナー
はずっと出させていただいてます。(アドバイザーのような役割です)

6ヶ月コースの最初のうちは受講生のみなさん、やる気はあるんですが
いきなり厳しい指摘や意見を受けると、なかなか素直に受け入れられ
ません。
反発したり、食って掛かったりします。(気持ちはよくわかります)
ただ、2ヶ月、3ヶ月、4ヶ月と進んでいくと、みなさん気付きはじめ
ます。
指摘された真意がわかりはじめます。
今よりもいい理念を作ってほしい、もっと深く考えて欲しい、社員さんの
気持ちも考えて欲しい。
そういう気持ちが伝わってくると、すごく素直になられ、すばらしい
経営理念が出来始めます。

特に最終セミナーはみなさん一様にやり遂げたという達成感を感じながら
顔の表情もとても柔和になられます。

「人が変わる姿」というのは何度見ても、とても感動します。
前向きなエネルギーでいっぱいになります。

自分の会社でもこのような姿が見れたら・・・泣くでしょうネ。
いや、実際は少しづつ変わっていってるので気付きにくいだけかも
しれません。

人に変われ、と言う前にまず自分が変わらなきゃいけませんね。
わたしももっともっと成長したいと思います。
そのためにも今年は「チャレンンジ」です。グッドラッキー

新年のうれしい出来事

  • 2010-01-06 17:29:30

あけましておめでとうございます。日の出

昨年はたくさんの方にご愛読いただきまことにありがとうございました。
今年もみなさまに読んでいただけるようがんばって更新していきたいと
思います。楽しい

さてさて、新年早々ですが、うれしいことがありました。up

何度も紹介してますが、アフラックの「ロデオクラブ」というQC活動
のお話しです。
今日、新年一発目の集まりがありました。
今年の4月にはQC活動の発表を控え、パソコンでパワーポイントで
プレゼンテーションを作らなければいけません。
その内容をみんなで話し合いました。

流れとしては課題設定・現状分析・対策立案・実行・結果報告という感じ
で非常に堅いんですが、メンバーのみなさんから色々意見が出ました。
「今回参加した中で最初になんかやらなきゃ、という危機感はあったけど
実際参加してみて、仲間でいろいろ考えやることの楽しさやいろんな
やり方があるという発見など、本当に参加してよかったという気持ちを
この発表を通して伝え、他の人たちにもぜひ参加してもらいたいです。」
「10分間の発表の中でわたしたちが伝えるのは数字の報告ではなく
みんなでやった達成感や充実感を伝えたいですね。それが他のアソシエイツ
の人たちにも興味を持ってもらえたらうれしいですね。」

みなさん・・・・。悲しい
わたしは感動しています。
猛烈に感動しています・・・。

発表までにはまだまだ乗り越えなければならないことが山ほどありますが
わたしの中ではもう、みなさんの成功した姿が目の前に浮かんでくるよう
です。
いや、こういう気持ちになっていただけたということがわたしの中では
すでに大成功です。

会合が終わったあともロデオクラブのみなさんで喫茶店に集まり
入念な打ち合わせをされていました。

アフラックのアソシエイツのみなさんは最高です。
すばらしい人にたくさん会えてわたしは新年早々超〜〜ハッピーです。upup

いろいろ困難な出来事(というほどでもないが)もありましたが、
本当によかった〜。楽しい

ま、わたし以上に実際陰でいっぱい動いてくれたI本さんに感謝です。
ありがとうございます。ラッキー

news
おばあちゃん 2020-09-09 12:20:24
ダイエット編その後 2020-08-27 11:20:09
近況報告 ダイエット編 2020-08-25 12:16:18
送別会 2020-06-02 16:43:26
魔法の時間割 2020-04-30 15:32:09
アーカイブ
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年6月
  • 2020年4月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月