久々の対面…そして

久々の対面…そして

  • 2021-05-15 08:28:00

昨日、急遽広島に行った。

 

広島の叔母が今いる病院を出て別の病院に

 

移るという。

 

コロナ禍の中ではお見舞いも出来ないので

 

コレが会える唯一のタイミング。

 

朝4時半起きで広島に向かいイトコたちと

 

待ち合わせ退院する病院に向かう。

 

叔母の息子たちはPCR検査を受けて東京

 

から戻ってきた。

 

娘は近くに住んでいるので日頃のお世話は

 

娘がしている。(といっても会うことは

 

出来ない)

 

病院の玄関で待っていると叔母が車椅子

 

で押されて出てきた。

 

息子たちと手を握り挨拶をしたあと

 

私を見つけると叔母は「たーちゃん、よく

 

来てくれたね。会いたかったよ〜。」と

 

息子以上に感情を込めて私の手を握って

 

くれた…。

 

私も胸が詰まった…。

 

「久しぶりだね…。」と言うのがやっと

 

だった。

 

次に行く病院は叔母の最後の病院になるだろう。

 

末期がんの叔母は緩和病棟のある病院に

 

入れるという。

 

そこも面会出来るのは限定1人だけ。

 

当然そばにいる娘だ。

 

だから私や息子たちは今から行く病院まで

 

の道のりが最後の時間だ。

 

わずか15分間のことだった。

 

叔母は「私はでも83歳まで生きれて十分よ。

 

いい人生だった。子どもたちもみんな

 

立派になったし思い残すことはないよ。

 

わざわざ私のために来てくれてありがとう。」と言った。

 

私は泣きながら「そんなの当たり前じゃん!」というと「ありがとう。その言葉が

 

うれしいよ」と叔母も泣いていた。

 

叔母が亡くなるのはつらい。

 

でもそれは順番だから仕方のないこと。

 

いつかは来る。

 

でも、このコロナで最後の挨拶がこんな

 

ものでいいのか…。

 

叔母の余命は3ヶ月という。

 

それがどれだけあったとしても誰にも

 

会えないのなら、どんな意味があるのだろう。

 

救いは娘だけは1日15分会えるということ。

 

私は手紙で今までのお礼を書いた。

 

そして可愛がってくれたウチの妻と子ども

 

たちの写真を額に入れて渡した。

 

妻は寝まきを買ってきてくれた。

 

会ったのは一瞬だったが、それでも叔母の

 

態度で私が生まれてから55年の間の愛情

 

を瞬間に感じとれた…。

 

おばちゃん、ありがとう。

 

いっぱい可愛がってもらい、いっぱい

 

怒られて、いっぱい優しくしてくれて。

 

いつもオレのことを気にかけてくれてたよね。

 

自分の息子のように。

 

夜、叔母の娘(私のいとこ)からLINEが

 

来た。

 

「太郎ちゃん今日はありがとう。みんなに

 

会えて少し元気になったみたい。太郎ちゃん

 

のこと大好きみたいよ。今日は本当にありがとう。

 

1日でも長く安らかに、その日を迎えてもらえるようがんばります。」

 

また、会えるようになる日が来ることを

 

心より祈っています…。

いいね 良い記事でしたら、いいねをお願いします
読み込み中...

電話

  • 2021-04-23 16:33:05

わたしには叔母がいる。

 

満82歳。

 

私の母のお姉さん。

 

そのおばさんにがんと大動脈瘤が見つかったと従妹から電話が

 

あった。

 

なんでもがんの前に大動脈瘤がやっかいで高齢なので手術ができない

 

状態であるらしい。

 

下手に手を出すとそのまま亡くなる可能性もあると・・・。

 

また血圧が高くなるような精神状態になっても危険な状態に

 

なるらしい。

 

がんの治療もできない。

 

打つ手なしとのこと・・・・。

 

 

わたしのいとこたちとは今も仲がいい。

 

それは母とおばさんの関係そのままで若い時(私たちが小さい時)

 

はよく一緒に遊んでいた。

 

いっぱいイタズラもしたし冒険もした。

 

よく全員で怒られた。

 

今となってはいい思い出である。

 

おばさんはわたしのことは特別かわいがってくれた。

 

小学校6年生のときは2学期3学期おばの家に同居させてもらった

 

時期もある。

 

あまり大きな声では言えないが、少年時代警察のお世話になった時も

 

おばが迎えに来てくれたこともある・・・。

 

大雑把で男前なおばである。

 

息子たちもわたし以上に悪さをしていたので

 

なれっこだったようである。

 

わたしたちも成人になり、少しづつ行動も落ち着き

 

おばも年を取った。

 

最近ではめっきり体も弱っていたので心配はしていた。

 

いつかはこんな日が来るとは思いながらも想像していなかった。

 

一昨年、母とおばの弟がなくなりショックだった。

 

ケンカをしていたおばは最後に仲直りをしておじを

 

見送った。

 

順番だからと思ってもやはり親しい身内の病気や不幸はなかなか

 

受け入れられない。

 

今度のゴールデンウィークが最後のあいさつになるかもしれない。

 

コロナだからもう会えないかもしれない。

 

とりあえず会いに行ってこようと思います・・・・。

いいね 2 いいね
良い記事でしたら、いいねをお願いします
読み込み中...

退職

  • 2021-03-31 18:39:12

きのうパート事務のKさんが退職されました。

 

 

約4年弱前にわが社に入社しました。

 

当時わが社は大変な状況でした。

 

事務正社員の2トップがいっきに結婚退職と産休に入り

 

抜けてしまいました。

 

残るはベテランパート社員さんとウチの妻だけです。

 

そこでまず採用したのが正社員1名とパートさん1名。

 

二人とも慌てて生命保険の資格を取ってもらったけど、まったくの

 

未経験者。

 

私も会社で電話を取りながら事務社員として対応する日々がしばらく

 

続きました。(汗)

 

 

まだまだ人が足りず、もう一人雇用しようと募集したところ来てくれたのが

 

Kさんでした。

 

いままで損害保険の代理店に勤めていたという。

 

面接もとても感じがよく、この人はすぐに仕事が出来るなと感じました。

 

入社してすぐから彼女はやる気がちがいました。

 

自分が出来ることを一生懸命探し、すぐに行動してくれる。

 

常にまわりに目を配りよく気が付く。

 

それでいて決して出しゃばらず、まわりの人との調和や協調性をとても

 

大事にしてくれる。

 

あ~なんて素晴らしい人が来てくれたんだと、とても

 

うれしかった。

 

Kさんのおかげで私のやる気も盛り上げてもらい、前向きな

 

気持ちにさせてもらいました。

 

 

それから1年後正社員のYさんが育休より戻り、さらに新しく若いMさんも

 

入社してわが社もやっと盤石の守りが出来ました。

 

と、安心していたある日、Kさんから相談があると・・・。

 

 

Kさん曰く「わたしはもう年なのでこれ以上迷惑をかけたくない。まわりの人の

 

足を引っ張りたくない。」と私に言ってきた。

 

私「な、なにを言ってるんですか?!Kさんはだれにも迷惑かけてないし

 

だれの足も引っ張ってなんかないですよ。むしろKさんに辞められたらウチの

 

会社は大きな損害です。お願いだから考えなおしてください。」と

 

お願いしました。

 

「考えます」と言ってくれました。

 

結果的にKさんはやはり辞めさせてほしいという決断をしました。

 

私や他の社員さんはみんな辞めてほしくないという気持ちでしたが

 

マジメなKさんは自分自身が許せないのか辞めさせてほしいという

 

ことでした・・・。

 

 

先日Kさんの送別会を行いました。

 

そしてきのう最後の出勤日でした。

 

Kさんは帰る間際に泣き出しました。

 

「グレートが大好きです。グレートのみんなが大好きです。」

 

と言ってくれました。

 

そんなに好きなら辞めなくても・・・。

 

 

Kさんは家族をとても大事にする人です。

 

これからは仕事をやめてご主人と同じ趣味を楽しみますと

 

言われてました。

 

そこにはまたKさんにとって大事なしあわせがあるんだな、しあわせに

 

なってほしいと思いました。

 

グレートのみんなはいつでも待ってますから遊びにきて

 

くださいね。

 

大好きなKさん、おしあわせに。

 

いままで本当にありがとうございました。

いいね 3 いいね
良い記事でしたら、いいねをお願いします
読み込み中...

ラジオ体操

  • 2021-03-11 11:19:40

最近我が社ではラジオ体操を朝やっています。

 

ラジオ体操をする会社も少なくないとは思いますが

 

我が社では創業45年にして初めて始めました。

 

 

ラジオ体操を始めるキッカケが実は社員さんからの提案でした。

 

しかも一番若いMさんからの提案です。

 

正直とてもうれしかったです。

 

常々わたしもそういう会社らしい取り組みをしたいなと思いながら

 

直接の業務に関係のないことはなんか言い出しにくいという気持ちが

 

あり、若干遠慮気味ではあります。

 

しなくても支障はないがしてみたいというようなことは

 

なかなか社長としてはお願いしにくいものです。

 

ましてや社員さんからそんな提案してもらえるなんて夢にも

 

考えなかったこと。

 

だからすっごくうれしかったんです。

 

社員の人たちがホントにグレートのことを愛してくれてる。

 

社員の人たちがもっともっといい会社にしたいと本気で思って

 

くれてる、というのが伝わってきます。

 

 

たかがラジオ体操ではない。

 

そこまで気づいてくれる社員さんに感謝。

 

本気で日々お客様と向き合ってくれてる社員さんに感謝。

 

わたしの大事な宝物です。

 

経営者でよかった。

 

グレートでよかった、と心の底から毎朝ラジオ体操を

 

しながら噛みしめております。

 

みんなホントにありがとう!!( ;∀;)

いいね 1 いいね
良い記事でしたら、いいねをお願いします
読み込み中...

同級生

  • 2021-02-10 17:48:47

高校の同級生が遊びにきた。

 

遊びに来たというと語弊があるが広島から来るという。

 

SKとは10数年前から再び親交があり、私を時々訪ねてくれる。

 

いつも彼から訪ねてくれる。

 

SKは経営者。

 

色んなビジネスをやっている。

 

とてもフットワークが軽く、どこへでも出かけて人に会ったり

 

ビジネスの勉強会へ行ったりしている。

 

ある意味貪欲な男である。

 

そんな彼が久しぶりに岡山に来るという。

 

 

SK「元気か太郎?久しぶり。オレ実は去年のコロナが騒がれだしたころ

 

から元々やっているインターネット販売の会社がメチャクチャ売れ出して

 

お金が預金通帳から溢れるぐらい儲かっとるんよ。」

 

私「な、な、な、なにぃ~~~!!!そそそそんなに儲かっとるんか?!

 

そりゃあ今日はお前のおごりじゃあ!」

 

 

寿司屋に行きました。

 

 

 

しかしよくよく話を聞いてみると彼は2~3年前に元々メインでやっていた

 

ビジネスがうまくいかずたたむことにしたと言う。

 

1億以上の借金があったという。

 

それをギブアップしたとのこと・・・・。

 

SK「まぁ、その時はへこんだし、誰にも会いたくなかったし

 

誰にも会わんかったよ。」

 

そうか、そんな経験してたのか・・・・。

 

ただただ運よく始めたビジネスがうまくいっただけなのかと

 

思ったら、そうではなかったんだ・・・。

 

大きな大きな失敗をして人一倍見栄っ張りな男が地面に這いつくばって

 

立ち上がって帰ってきたんだ・・・。

 

うれしかった・・・。

 

そんな想いをしてどん底から這い上がって帰ったよとわざわざオレに

 

伝えに来てくれたのか・・・。

 

 

SK「誰もそんな嫌な経験したくないけど、今はあの経験があったから

 

ここまで上がってこれたと思ってるし、本当によかったよ。」

 

すごいな。

 

SKすごいよ。

 

本当に経験した者だけが言える言葉は重いよ。

 

オレを思い出してくれてありがとう。

 

どん底にいた時は何も言わず色んなことで闘い

 

きっと人にグチは言いたくなかったんだな。

 

復活してから訪ねて来てくれたSK。

 

お前はやっぱりすごいよ。

 

尊敬するよ。

 

また一つ大きくなったんだな。

 

 

私「今日はうれしいからオレがご馳走するよ!」

 

SK「いや、オレもインターネットビジネスだから日ごろ経費使うことないから

 

オレが出すよ。」

 

す、素直にご馳走されよう、今日のところは(汗)

 

 

 

いいね 良い記事でしたら、いいねをお願いします
読み込み中...

ページ切り替え

news
久々の対面…そして 2021-05-15 08:28:00
電話 2021-04-23 16:33:05
退職 2021-03-31 18:39:12
ラジオ体操 2021-03-11 11:19:40
同級生 2021-02-10 17:48:47
アーカイブ
  • 2021年5月
  • 2021年4月
  • 2021年3月
  • 2021年2月
  • 2020年12月
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年6月
  • 2020年4月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月