おばあちゃん

おばあちゃん

  • 2020-09-09 12:20:24

今日は私の妻のおばあちゃんのお話です。

 

おばあちゃんは昭和3年生まれの満91歳。

 

2年ぐらい前から少し認知症が入ってきている。

 

普段はおばあちゃんの娘(妻の叔母)の所で暮らしているが

 

週に一回は妻のお父さん所に泊まりにくる。

 

もちろん面倒を見るのはお母さんの役割なんですが。

 

昨日の夜もお父さん所に来ました。

 

 

そんな時は私も少し顔を出してご挨拶。

 

「おばあちゃん、こんばんわ。元気ですか~?」

 

おばあちゃん「あ~こんばんわ。元気だよ。」

 

お母さん「おばあちゃん、この人誰かわかる?」

 

おばあちゃん「たろうさんじゃろ?わかるよ。」

 

おばあちゃんはいつも私のことを覚えてくれている。

 

うれしい・・・。

 

 

昨日はみんなで昔の写真を見ていた。

 

お父さん、お母さんの結婚式の家族写真を見ていた。

 

「おばあちゃん、これは誰?これは誰?」と聞くが

 

自分とおじいちゃんと息子(お父さん)以外はわからない。

 

おばあちゃん「誰じゃったかな~?」

 

「おばあちゃん、娘じゃが。忘れたらいけんが~。」

 

「あ~娘かな~。あ~そうか~。」

 

と言いながらみんなで大笑い。

 

おばあちゃんも大笑い。

 

人の顔や今さっき言ったこともすぐ忘れてしまうけど

 

でもちゃんと会話が出来る。

 

それも91歳のおばあちゃんにはご愛敬。

 

話しててとても楽しい。

 

週に1回の私の楽しいひと時です。

 

帰るときにはお父さん、お母さんが「たろうちゃん、いつも

 

のぞいてくれてありがとう。」と言ってくれる。

 

「いえいえ、ボクはおばあちゃんに会いたいから来てるだけですから。」

 

 

元気なときはいつもうちの子供たちの発表会や運動会など必ず楽しみに

 

してくれて「かわいい。かわいい。」と言いながら、目を細めて

 

見に来てくれた。

 

そんなおばあちゃんが私は大好きです。

 

100歳までがんばって長生きしてください。

 

それまでには玄孫(やしゃご)の顔が見れるかな・・・。

ダイエット編その後

  • 2020-08-27 11:20:09

そう、2カ月で10キロの減量に成功した私は次なる目標を

 

思いつきます。

 

それはせっかく瘦せたのでこの際筋肉付けてバキバキに

 

なってやろうと。

 

最近流行りのライザップ的なスタイルを目指してみようと

 

いう気になりました。

 

ただ、独りでジムに通いそれを目指すのは無理だと思い

 

パーソナルトレーニングをするジムを探す。

 

 

・・・・けっこう高いんですね(汗)

 

色々探した結果、(比較的)安いとこを見つけ体験入会しました。

 

ま、まあまあキツイ・・・。

 

でも尻を叩かれながらやると不思議と出来るんですよね・・。

 

コレがパーソナルトレーニングの効果か。

 

継続は力なり、継続は力なり。

 

続けること1年が経ちました・・・。

 

 

まぁ、バキバキにはなってませんが、それなりに胸板も厚くなり

 

お腹の筋肉も少しクッキリして来ました。

 

いやぁ~筋肉付けるのってかなり大変なんですね。

 

なめてました・・・。

 

ただ、筋トレをするだけではなく食事もかなり大事で何を

 

食べるか、いつ食べるかもとても重要である意味いろんな勉強を

 

した1年でした。

 

 

結果的には太りにくい体作りの知識と習慣が身に付いた1年と

 

なりました。

 

筋トレも食事療法も日々では全く結果が目に見えませんが

 

続けることで3ヶ月とか半年で変化を感じるという気の長い

 

作業です。

 

でもある意味仕事も一緒ですね。

 

1回やって結果が出る訳もなく1ヶ月、2カ月と繰り返し

 

振り返ってみて身に付いたな~と実感することが多い

 

ですよね。

 

 

だから今ではTVでよくやってるCMが全部ウソくさく見えます。

 

ま、TVCMの邪魔する気はないですが、自分が取り組んでみて

 

正直そう思いました。

 

ローマは1日にしてならず。

 

それを実感した1年です。

 

つまらない話題にお付き合いいただきありがとうございました。

 

またなにか絞り出して書きたいと思います(汗)

 

 

 

近況報告 ダイエット編

  • 2020-08-25 12:16:18

しばらくブログ更新出来ずにいました・・。

 

新型コロナウイルス感染防止のため、いろんな行事やイベントが中止になり

 

人との関わりや接触もなくなり、どこにも行くこともなく

 

書くネタもなくなる・・・・。

 

そんな日々がいまも続いております。

 

 

書くこともないので私の趣味的なことでも書いてみます。

 

あまり興味ないと思いますが・・・。(汗)

 

去年私はダイエットしました。

 

昨年6~7月の二ヶ月で10キロ体重を落としました。

 

アイスクリームだけを食べ、あとは断食。

 

という過酷な?ダイエットをしました。

 

名付けて「アイスクリームダイエット」

 

元々酒も飲まない私は甘党でごはんを減らしてでもチョコレートや

 

アイスクリームを食べたい人間。

 

そうだ、ならごはんを止めてアイスだけ食べてみよう、と思い立ち

 

やってみるとこれが以外にガマン出来る!

 

妻には身体に悪いから良くないと大反対されながらも

 

二ヶ月続けました。

 

その結果見事に10キロの減量に成功しました!

 

周りの人からは病的に瘦せたとか絶対にリバウンドするとか

 

色々言われながらも成功したんですよ。

 

 

今まで何度も太っては瘦せ、太っては瘦せを繰り返しながら

 

徐々に徐々に体重だけは右肩上がり・・・。(汗)

 

それがやっと・・・成功したんですよ。(TーT)

 

それはそれは毎朝体重計に乗るのが(唯一の)ストレスだったのが

 

毎朝のテンションを上げてくれる行動に変わりました。

 

服もなるべくお腹が出てるのが目立ちにくいダボダボの服から

 

スタイルが出るタイト目な服に変え気分も上がります。

 

いやあ~瘦せるっていいなぁ、と実感しました。

 

そして私は次のステップに進むのでした。

 

 

つづく

 

 

 

 

送別会

  • 2020-06-02 16:43:26

先週末我が社のパート社員さんが退職しました。

 

本来ならどこかお店で夕食を食べながら行うんですが

 

コロナの関係でまだしばらくは自粛。

 

と言うことで、会社事務所ですることにしました。

 

 

パート社員のOさんは勤続25年の大ベテラン。

 

我が社で一番長い社員さんです。

 

私がまだ独身で社長になる前から勤めてくれてます。

 

 

そんなOさんの送別会を少しでも盛大にやろうと言うことで

 

社員のみんなも張り切って準備してくれました。

 

就業後5時から6時までの1時間で行いました。

 

事務所のホワイトボードに飾り付けをして「Oさんありがとう会」と書いて

 

準備。

 

まずは私、社長の(簡単な)あいさつで始まり

 

ケーキを用意しました。

 

特注特大のケーキでサプライズです!(結婚式のようなヤツ)

 

それから感謝状を作り額に入れて渡し、退職金を渡しました。

 

(本来パート社員さんは退職金はないのですが)

 

最後にOさんのあいさつ。

 

Oさんは何度も目を潤ませながらみんなへの感謝の言葉を

 

述べてくれました。

 

 

 

とここで終わりと見せかけて本当のサプライズの始まりです!

 

まずは長年勤めているもう一人の社員Tさんから手紙を読んで

 

もらいました。

 

そして次に私の手紙です。

 

私も長い間の色んな出来事や事件のエピソードを入れて

 

読みました。

 

私自身途中で感極まって何度も読めなくなりながら

 

最後まで読みました。

 

そのあと一時期一緒に勤めていたFさんからのビデオメール、

 

そしてキロロの曲と共にみんなからのメッセージを写した動画を

 

見てもらいました。

 

 

最後の最後に花束と社員Yさんの手作りのアルバムを渡します。

 

歴代の社員さんや現在の社員さんからの退職メッセージを入れて

 

この25年間の様々な写真を散りばめ、カワイイ飾り付けをした

 

Yさんの力作です。

 

 

Oさんは目を潤ませながらみんなに何度も何度もお辞儀をして

 

「ありがとうございます。ありがとうございます。」と

 

言ってくれました。

 

 

長年勤めてくれたOさん。

 

何度も何度も辞めようときっと思ったことでしょう。

 

ここでは書ききれない色んなことがありましたもん。

 

Oさん自身本当につらい家族の別れなどもあり、大変な時期が

 

ありました。

 

それでも辞めなかったのは「ここに来ればみんながあたたかく接してくれる。

 

みんなが笑わせてくれる。みんなが認めてくれる。」

 

そう言ってくれました。

 

 

お名残り惜しくなかなか会が終わりませんでしたが

 

みんな本当にいい空気に包まれてる感じがしたと

 

思います。

 

1パート社員さんの送別会でこんなに泣き、こんなに惜しむことが

 

出来たのはやはりOさんだったから。

 

 

Oさんはこれからご主人さん、お子さん、お孫さん、お父さん、お母さんに

 

囲まれて第二の人生を忙しく送られることでしょう。

 

寂しくなりますが、みんな待ってます。

 

いつでもグレートのおやつタイムに来てください。

 

グレートの仲間のことを忘れないためにも。

 

今まで本当にありがとうございました。

 

お元気で、そしてお幸せに。

 

 

 

 

 

魔法の時間割

  • 2020-04-30 15:32:09

ここ最近子供たちはコロナの影響で学校が休みになり

 

家にいる。

 

宿題とかもあるのでやってはいるのだろうが

 

やたらゴロゴロとしてゲームやYouTubeを一日

 

見ている。

 

妻もそれを見ては「いい加減にしなさいっ!!一日中ゴロゴロ

 

して!お手伝いぐらいしてや!(怒)」と怒鳴る日が

 

続いている・・・。

 

 

そうだ、子供に一日の時間割を作らせてみよう、と思い

 

紙に大きな円を書きそこに1時2時3時・・・・・・と

 

24時間の時間を入れ小3の息子に渡し「これに自分の1日の

 

時間割を入れてごらん。すいみん、ごはん、勉強、お手伝い、

 

自由時間を入れてみ。」と言って渡す。

 

 

すると息子は一生懸命考えながら時間割を埋めていく。

 

「とおさん、できたよ、オレの時間割!見て見て!」と

 

うれしそう。

 

私「よく出来たな。この通りやればきっと母さんもゲーム

 

させてくれるよ!」

 

 

その日から息子の行動が変わりました。

 

お手伝いを進んでするようになり勉強も時間を守って

 

やるようになりました。

 

こちらが何も言わなくても「とおさん、いま何時?もうお手伝い

 

終わりだね。次は勉強1時間だよ。それが終われば自由時間だね。」

 

「とおさん、ボクね、お手伝いするのも楽しくなった。」と

 

食事のあとの皿洗いをはじめてやったり、ゴミ捨て、草取りなど

 

どんどん進んでやります。

 

しょっちゅう私に「いま何時?いま何時?」と聞いて

 

きます。

 

効果があり過ぎてコワイぐらいいい子になって

 

しまった息子。

 

 

いや、子供はみんないい子なんです、本当は。

 

親がちゃんと向き合ってやれてない。

 

ちゃんと話を聞いてあげたり、ほめてあげないから

 

なんです。

 

親のせいなんです。

 

今回は子どもの変わりようをみて、本当に子供に教えて

 

もらったなと思いました。

 

与えるだけではダメ。

 

怒るだけでもダメ。

 

いっしょに考えて、いっしょにやる。

 

しっかり見てあげて、しっかり褒める。

 

大事なことを気づかせてもらいました。

 

コロナのおかげで子どもと向き合う時間が出来、

 

とても前向きな成長を見ることができました(^^)

 

 

 

1 / 11712345...102030...最後 »
news
おばあちゃん 2020-09-09 12:20:24
ダイエット編その後 2020-08-27 11:20:09
近況報告 ダイエット編 2020-08-25 12:16:18
送別会 2020-06-02 16:43:26
魔法の時間割 2020-04-30 15:32:09
アーカイブ
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年6月
  • 2020年4月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月