笑顔

笑顔

  • 2011-09-29 10:33:37

 先ほど、損保の資格更新の研修テストに合格しました・・。

これがけっこうやっかいです・・・。
何年かに一回受けないと、販売資格を失ってしまいます。

商品も時代とともにドンドン新しくなるので、常に勉強していかないと
いけません。

自動車保険、傷害保険、火災保険の3つあります。
各テスト、制限時間40分。
自動車、傷害はなんとかクリア。
残るは火災保険。
残り時間19秒で・・・最後の問題の答えをクリック!!(PCで行う)
合格。
ミッションインポッシブルのテーマが心の中でかかっていました・・。(ふぅ〜・・。)


今日はいつものように朝、自宅を出て出勤。
すがすがしい青空です。
いつものように吉備の中山を通っていきます。
緑いっぱい(木がいっぱい)のトンネルを通っていきます。
窓を少し開け手を出す。
空気もヒンヤリ、気持ちいい・・。

幹線道路に出ていつもの道を走る。
と、向こうから自転車に乗った女の子が。

ここまでは何も変わったことはないんですが、その子の表情。
スッッッッゴイ!!笑顔なんです
一人で自転車をこいでいる高校生くらいの女の子。
友達と話しをしながら笑顔で行く子は毎日見ますが、一人で正面を向いて
満面の笑みで走っているんです。

なにが彼女をそこまで幸せな気分にさせているのだろう?
それともいつもあんな幸せな表情をしているのか。
うらやましいくらいの「笑顔」でした。
それは他のだれかとは関係なく出てくる自然の表情。
わたしには「ほとけさま」に見えました。
それくらいインパクトのある瞬間でした。
見ているこちらもしあわせな気分に。

想い返してみると、時々いるんですよね。
すれ違い様にみる「満面笑顔の人」。

う〜〜〜ん、あんな人になりたい。
どうすればなれるんだろう。

でも、笑顔っていいですね。
人をしあわせにするパワーにあふれています

100キロウォークの集い

  • 2011-09-21 10:36:02

 おととし参加した「100キロウォーク イン 北海道」の主催者 加藤さんが岡山に
来ました。

正確には岡山同友会のA松さんがお呼びしたところ、来てくださったようです。
A松さんを中心として100キロウォークに参加した同友会のメンバーが
15〜6名集まって親睦会をしました。

6年前から北海道で100キロウォークを始めたキッカケから、現在にいたるまでの
お話し、そしてこれからの目標など聞かせていただきました。
とっても熱くて、地元を愛してる気持ちがビンビン伝わってきます。
「町おこしは人おこし」と言われてました。
なるほどな〜、たしかにその通りだなぁ〜。

自分の想いを一生懸命人に伝えて人を動かす。
またその人が次の人へ。
想いが人から人へ伝わっていく。
それが100人も200人も人を呼ぶようなイベントになっていく。
スゴイ。
ものスゴイ熱い想いが人を動かすんですよね。
とっても感動しました。

しかも加藤さん、わざわざこの岡山に来るためだけに北海道から来て
くださったそうです!」
ほんとうに真心(まごころ)ってこういうことを言うんだなぁと
感じました。

集まったみんなもそれぞれ自分の「100キロ体験」を発表して、あらためて
いろんな体験を経験させていただきました。
100人いれば100通りの100キロウォーキング。
すばらしい体験とすばらしい仲間ができました。

加藤さん、ホントにありがとうございました。
また、必ず行きますよ!北海道!

モーグル パーティー In ヒロシマ

  • 2011-09-12 10:16:27

 いやぁ〜、便利な世の中になりましたね〜。

最近20年ぶりとかの音信普通の友人・知人からメールやインターネットを通じて
連絡が入るようになりました。
ウレシイ限りです。

土曜日は広島でパーティー。
「RIKUYA サポーターズ パーティー」と題してモーグルスキーヤー仲間が
集結。
60人くらいかな。

田中 陸也くん。
19歳。
広島県が生んだ、いや陸也くんのご両親が生んだモーグルスキーヤー。(そんな
ボケはいらんですね・・・。)
現在ナショナルチーム入りし、次のソチオリンピックを目指して
います。

しかし、いくら才能があっても練習や遠征などホトンド自腹なので
お金がかかります・・・。
オリンピックでメダルでも取れば一気に有名になりますが
そうでもないと、なかなか厳しい世界です・・。
それで断念する選手もけっこういるようです。

そこでわれわれがサポートしようということで毎年1年に一回はパーティーが
行われています。

オリンピックに出るモーグルスキーヤーなんて、ほとんど北海道や長野近辺出身の
人たち。
まぁ、最近では大阪あたりぐらいからは出て来つつありますが、広島とか
岡山となると前例はありません。

そんな才能あるリクヤくんを応援するため続々と集まってきたわけです。

彼がガンバルことによって我々のようなオジサンモーグラーや次世代の
子どもたちのハゲミになります。

しかし集まったみんな、ホント「モーグルスキー」が大好き
なんですよね。

その中でもワタシも相当のバカのようです・・・。(ウマイという
ことではない・・・・。)

経営人間学講座 往復の旅?

  • 2011-09-07 11:10:47

 今月も行ってまいりました、大阪へ。

経営人間学講座。

今回で7回目。

昼12時〜夜7時半まで。

毎回むずかしいテーマで正直眠くなることも・・・・。

お誘いいただいたK社長。
いつもお車でいっしょに連れていってくださいます。
ゼネラルマネージャーのS田さんがいつも運転手。(ありがとうございます!)
専務の奥様と取引業者のYさんとワタシ。

このK社長はスゴイ人です。
明るく、気さくで豪快、でも偉ぶらずとっても謙虚。
「あまりホメないでよ〜」ってK社長言われそうですが
ホント魅力満載の人です。

この人とお話しするだけでも大変!勉強になります。
いつもスゴイ刺激をいただくんですよね〜。

やっぱり経営者は人を惹きつける魅力が大事だな〜と思いますね。
でも、どうすればそうなるのか?
これは努力してなれるのか、持って生まれたものなのか。
むずかしい・・・。

でも、そういう魅力ある人と交わることで少しでもいい影響をいただきたいな〜
なんて思いますね〜。

きのうも笑いの絶えない大阪への往復の「旅」でした。

K社長、いつも親切にしていただきありがとうございます。

訪問

  • 2011-09-01 17:43:53

 中小企業家同友会。

わたしの役割は「組織活性化委員長」(仰々しい・・。)

簡単にいうと「同友会の会員さん同士、ご近所付き合いができる
関係を作る」です。

岡山支部を14の地区に分けて、各地区ごとでの活動の推進を
します。

ある地区のある会員さんのところに訪問。
Hさんは数年前に経営理念を作る「経営指針成文化研修会」に参加。
とてもボクトツな方ですが、とても誠実な方。
頼りなくもあるが、とにかく一生懸命。
Hさんの発表を聞いた時は新鮮な感動があったのを思い出します。

そんなHさんも色々な役を引き受け、少し同友会の活動もイヤに
なったとか・・・・。
ちょっと心配になり、立ち寄ってみました。
「いや〜、小川さん、すいません、わざわざ来ていただいて〜」と
人なつっこそうな表情。
ワタシ「いや、ちょっとHさんが同友会がイヤになっちゃったんじゃないかという
ウワサを聞いたもんですから、心配になってきました。」
Hさん「イヤイヤ、全然そんなことないです!そんなんじゃないんです。
ただ、わが社の売り上げが激減し、けっこう大変だったんです。
今はヤット少し落ち着いてきたところです。ま、まだ油断できませんが
もう少ししたら例会にも顔出せるかな、というところです。ご心配を
掛けてホントにすみません・・・・。」

さらに「特にA松さんには大変お世話になりました。いろんな厳しいアドバイスも
含めて色々教えていただきました。いまだにA松さんから初めていただいた何気ない
メールを残し、毎日それを見るたびに、ヨシ今日もガンバロウ!、と思ってるんですよ。」
と言われました。

さすがHさん、誰にも言わずにそんなことで自分を日々奮い立たせていたとは。
誰よりも同友会に感謝されてる人の一人でした。

こんなマジメな経営者がいっぱい!いるんですよね。

同友会いい会です。

news
おばあちゃん 2020-09-09 12:20:24
ダイエット編その後 2020-08-27 11:20:09
近況報告 ダイエット編 2020-08-25 12:16:18
送別会 2020-06-02 16:43:26
魔法の時間割 2020-04-30 15:32:09
アーカイブ
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年6月
  • 2020年4月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月