木下大サーカス

木下大サーカス

  • 2018-08-30 15:52:50

先日木下大サーカスに行きました。

 

7歳の息子たっくんを連れて。

 

4年に一回木下大サーカスは岡山に戻ってきます。

 

ウチの長女(現在21歳)も次女(現在15歳)も小学生の

 

時に行きました。

 

岡山ではきっとみんな小学生や幼稚園ぐらいの頃に

 

連れていってもらってるんじゃないかな。

 

最初たっくんにサーカス行くよと言うと

 

「行きたくない」と言う。(汗)

 

よくよく聞いてみると、とうさんに連れて行かれるのは

 

怖い映画やこわい所というイメージを持っているらしい・・・。

 

「こわくないから行こう」と説得し、行くことに。

 

けっこういっぱい人が並んでいます。

 

テントの中も満員!(暑い)

 

ピエロが出て来てあいさつしたり笑わせたり

 

マジックショーがあったり、長~いロープやたくさんの

 

イスを積み重ねたパフォーマンスがあったり

 

シマウマ、象、ライオンなどのショーや

 

バイクや大車輪みたいなパフォーマンスなど

 

思わず歓声が上がるシーンが続きます。

 

最後にサーカスの花形空中ブランコショウ。

 

大人になってみるサーカスは子どもの時に見たものとは

 

また感じ方や見方が変わりますね。

 

この人たちどれだけ練習してるんだろう、とか

 

考えると感動の度合が違います。

 

やってることはスゴイことだけど

 

お客さんを喜ばせたり、楽しませなければいけないわけで

 

プラスアルファが要求されます。

 

それに応えるには見せ方なんかも研究に研究を重ね

 

一つ一つ作り上げてるんだろうな~なんて

 

考えてしまいます。

 

人に夢を与える仕事ってスゴイな。

 

本当にお客さん(老若男女)のことを考えて楽しんでもらうって

 

すごい難しい。

 

きっとサーカス団のみんなで考えて議論して練習してまた考えて

 

議論して練習して・・・・・を延々と繰り返すんでしょうね。

 

だから、あんなに子供たち(大人たちも)を夢中にさせるんでしょうね。

 

私の仕事はお客様に夢を与えるような仕事ではないので

 

ある意味うらやましいと思う面と大変だろうなと思う部分とが

 

ありますね。

 

でもお客様に真摯に向き合う、ということはきっと一緒

 

ですね。

 

逃げずに向き合う。

 

そこにきっと明日へのヒントが生まれてくるんですよね。

 

なにか自分の仕事に向き合う姿勢を習ったような

 

サーカスでした。

 

ありがとうございました。

 

これからもたくさんの人に笑顔と夢を提供してください。

 

応援してま~す(^-^)/

 

家族旅行

  • 2018-08-20 17:45:47

毎年お盆は妻のお母さんの実家、京都福知山にみんなで

 

行きます。

 

墓参りをして、それからお母さんの兄弟の丹波市に移動し

 

BBQ。

 

今年は39人も集まりました!

 

お葬式や法事でもないのに毎年沢山の親戚が

 

集まってのBBQ。

 

スゴイと思います。

 

 

翌日は妻のお父さんの古希のお祝いで

 

温泉旅館へみんなで泊まる。

 

お父さん、お母さん、小川家、妻の妹2人のそれぞれの

 

家族で総勢14名。

 

全員集まっての温泉旅行です。

 

10年前には還暦祝いをやりましたが

 

10年経つのはホントに早い(汗)

 

今回は当初思い切って海外旅行にしようかと

 

言う案もありました。

 

ウチの長女も来年は就職。

 

そうなると全員が集まるというのは非常に困難に

 

なるでしょう。

 

では今年は思い切って家族みんなで最後の?海外旅行に

 

なるかもと。

 

しかし、海外となると1泊2日というわけには

 

いかないので、どうしてもみんなの日程が

 

合わず、1泊2日の温泉旅行となりました。

 

 

でも、お父さん、お母さんの願いはみんなで行くこと。

 

一人でも欠けては意味がない。

 

たとえ海外の素晴らしい場所に行くよりも

 

1泊2日で「みんな」で行く温泉旅行がいい。

 

そう言いました。

 

お父さん、お母さんにとってはどんなに素晴らしい場所へ

 

行くよりも、どんなにおいしいご馳走を食べるよりも

 

こだわるのはみんなが一緒。

 

みんながいればどこにいても幸せ。

 

 

とてもシンプルなことですが、すごく重要なこと

 

なんですよね。

 

ここにこだわるからこそ、お父さん、お母さんの周りに

 

子供たち、家族、親戚が集まるんです。

 

わたしも結婚して21年。

 

そういうメッセージを何度ももらい

 

教えてもらいました。

 

なかなか出来そうで出来ないことです。

 

だからこそ価値がある。

 

だからこそ尊い。

 

お父さんの古希のお祝いはもちろん

 

大成功でした。

 

 

これからもまだまだみんなの拠り所として

 

暖かい場所を提供してください。

 

本当にありがとうございます。

 

 

 

news
おばあちゃん 2020-09-09 12:20:24
ダイエット編その後 2020-08-27 11:20:09
近況報告 ダイエット編 2020-08-25 12:16:18
送別会 2020-06-02 16:43:26
魔法の時間割 2020-04-30 15:32:09
アーカイブ
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年6月
  • 2020年4月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月