おとうと

おとうと

  • 2008-09-30 19:26:29

先週、弟が岡山に来ていました。
弟はいま、シンガポール住まいです。
アジア地域を中心に鉄鋼関係の部品のメーカーの営業をしております。

14歳からアメリカへ留学し、10年間。
当然、英語はわたしよりはるかにうまいです。
14歳で単身、外国で暮らすというのは相当大変のようです。
本人は「大変だ」とは言いませんが、伝わってくるものは感じます。
なによりわたしより「お兄さん」(しっかりしている)に見られ
ますもん。ショック

日本にも1年に3〜4回営業に来ます。
岡山の造船所にも取引があるようです。
なので日本に来ると、大体1〜2回は会えます。

最近この弟がどうやらまた成長したようです。
わが弟ながら、その態度には感心させられるものがあります。
とてもフットワークが軽く、いろんなことに対する対応も臨機応変、
でも自分の信念は岩山のように固いものをもち、相手を見ながら
上手に自分を通す。
ちょっと褒めすぎですが、なかなか大したもんです・・。たらーっ
当然、兄貴の威厳はカケラもありませんが・・・。

年に数回会う弟ですが、わたしの永遠のライバルかな・・・。
と言うか、一度くらい頼られたいものです!てれちゃう

第34期経営指針発表会

  • 2008-09-27 07:58:42

きのうわが社の第34期経営指針発表会を行いました。
本来なら期初の4月に発表するべきですが、いろいろな障害?を
乗り越え、なんとかここで発表をすることができました。

今回開催するにあたっては社員さんの様々な協力があってのことだと
あらためてここで感謝を申し上げます。

発表の中身も一度作り直し、3回目の発表会ということもあり
わが社なりによりベターなものが出来たと自己満足?しております。
去年では決して出てこないアイディアが出てくるんですよね、
不思議と。

発表を終え、社員さんに一言づつ感想を言ってもらいました。
とてもあたたかい意見、感想をいただきました。
その中で一人の社員さんが言ってくれたことを紹介したいと思います。
「わたしは今回正直ここに来るのも気が重かったんです。でも、社長の
発表を聞いて、あ〜聞けてよかったな、って思いました。すごく
かまえていたけど、いい意味で思ってたのと全然ちがいました。まだ
毎年、毎年するっていうのはわたしには重いけど、社長の覚悟が
聞けてよかったと思いました。」(こんな感じだったと思います。)
とってもうれしかったです・・・・。
本当に正直に気持ちを話してくれた社員さん・・・。
こういう社員さんたちがいる、ということがわが社の一番の宝物だと
あらためて思いました。
まだまだまだまだ、未熟者ですが、どうかよろしくお願いいたします。
みなさん、本当にありがとう。
いっしょにがんばって行きましょう!

町内の運動会

  • 2008-09-23 08:26:12

21日は町内の運動会でした。
岡山市吉備津では1区〜10区まであります。
ウチは2区なんですが、昔からの地区でお年寄りの人口比率がとても
高い地区です。
言い換えると・・・若い人がいませんっ!てれちゃう
新興住宅地の地区もあったり、条件は各地区いろいろですが
決して恵まれてる地区とは言えません。たらーっ
ですが!わが2区は毎年優勝する最強の地区なんです!びっくり

なぜか・・・。
住んでる人たちはほとんど地元の人々でみんな昔からの顔見知り。
(わたしは地元民ではありませんが・・。)
「運動会だよ〜」と、声をかけるとみんな集まってきます。
「おたがいさま精神」というのか「団結力」というのか
他の地区にはない「まとまり」があります。
20代〜40代の人たちがせいぜい14〜5人なんですが、強い。
他の地区では100人を超えるところもありますが、ぶっちぎり
強いです!ニコニコ

たくさんの若い人がいてもお互い知らない者同士でなかなか(運動会に)
出たがらない地区と、「どうせやるならみんなでやってやる!」
と少数ですがまとまる地区とのちがいかな、と思います。
もちろん、人数が少ないので声をかけ、集めるのは大変ですが・・。
でも、毎年優勝するんですよね。ラッキー

今年は11時ごろにはげしい雷雨で中止になりました・・・。雷
結果、競技も3種目程度で終わり、優勝はのがしてしまいました。
その後は「公会堂」に集まり反省会(飲み会)です。イヒヒ
最近では集まる機会も少なくなったようですが、集まれば昔からの
顔なじみです。
楽しく盛り上がります。楽しい
わたしみたいなよそ者も仲間として快く受け入れながら、その輪を
形作っています。
新しく入る人がいれば、出て行く人もいるので、いつも人数は
ほぼ横ばい。
次は地元の人たちの息子さんやお嬢さんが結婚して2区に少しずつ
帰ってきつつあるようです。
まだまだわが地区は最強の地区でいけそうです。ラッキー

人生とは・・・

  • 2008-09-11 23:46:12

きょう、あるお客さまのところに行きました。
43歳の女性の方なんですが、昨年ご主人を亡くされ(享年45歳?)
今年はご自身が脳梗塞で入院された、と言うので入院給付金の請求
手続きに行きました。
しかも入院中に不整脈が見つかり、心臓にペースメーカーまで埋める
手術をされたそうです・・・・。
左半身が不自由になられ、自分の体を動かすのがやっとということで
中学生のお子さん二人の面倒は実家のお母さんが来られて
みているそうです・・・・。
これでもか、これでもか、と不幸が襲ってきている。
そう、感じました。
まだ43歳ですよ・・・。
わたしと同じ年です・・・。

とても人事とは思えませんでした・・・。
どうしてこんなに差があるのでしょうか?
この人がいったい何をしたというのでしょうか?
とてもやりきれない、胸を締め付けられる想いです・・・。
わたしに出来ることと言ったら、一日でも早く保険金のお支払いを
すること・・・です。
「助かります」って言われたけど、なんかやり切れない・・・。
(わたしにとって)大事なメッセージを送られてるのかもしれませんが、
なんかたまりません・・・。

人生いろいろ。
健康が当たり前とは思っていませんが、もっと人の役に立ちたい。
なにが出来るんだろう・・・。
自分が逆の立場なら、どうして欲しいんだろう・・・。
それを見つけていくのも私の人生の宿題なのかな・・・。
今のわたしに出来るのは・・・・一日もはやくこの方が回復される
ことを祈るばかりです・・・。

きょうの教え

  • 2008-09-11 00:15:14

きょうは久々にドクターシェフと食事に行きました。
わたしの掛かりつけの歯医者さんですが名料理人でもあります。

そのドクターに2件連れて行ってもらいました。
一件目は「もつ鍋屋」です。
まぁまぁおいしかったんですが、ドクター曰く「せめてスープにもう少し
工夫がほしいな。」
なかなか厳しいです。ショック
二件目は洋食屋さんです。
「ブラン・デ・ブラン」という西川沿いの老舗店です。
ドクター「ハンバーグ食べてごらん」
わたし「・・・・・・・・!!う、う、うまい。うますぎる!」びっくり
ドクター「なんの商売でもいっしょだけど一生懸命作ったら
こうなるんですよ。このお店のインパクトが伝わってくるでしょ?
また来たい、って思うかどうかですよ。商売は厳しいんですから!」
た、たしかに・・・・。
忘れられないおいしさでした・・・・。
一件目のぼんやりしたおいしさとは比べるまでもありませんでした・・。
保険でもこの味を出すためには・・・・まだまだやることが山ほど
あるな、と思いました。
忘れられないサービス。
感動するサービス。
きっと出来る。
なにを目指すか、が少し見えたような気がしました。
ただ、その道のりは決して近くはない、ということもわかりました。
きょうもすごい教えのあった食事会でした。
ドクター、お見それしましたーー!てれちゃう
またのお誘いお待ちしております。
ありがとうございました。よつばのクローバー

無限

  • 2008-09-06 19:42:07

木曜日から出張でした。
京都でちょっと知り合いになった保険代理店さんとお会いし、
なにか一緒にビジネスができないか、ということで話しをしました。
ちょっと新しい試みができそうです。ラッキー

夜は名古屋の友人の所に泊めてもらいました。
5月に家を購入し、6月に子どもが生まれた、という大変めでたい
ことが続いたのでお邪魔しました〜♪祝

金曜日から東京は新宿で2日間アフラックの研修がありました。
以前にもブログで書いた「次期経営者の会」です。
アフラックの代理店の後継者の人たちが集まって勉強します。
今回は米国本国のアフラック創始者の孫にあたるポール・エイモスさん
も来られて講演を聞かせていただきました。(現在米国社長)
アフラックもこの会に寄せる期待の大きさをヒシヒシと感じます。

経営理念や事業計画などについて勉強するんですが、わたしにとって
ここに来る一番の理由は・・・ここで会える人たちです。
2代目のみなさん、スゴイです!びっくり
わが社も今、決して業績がいいとは言えません・・・。
社員の人たちと模索しながら進んでいます。
しかし・・・ココに来ると、同じような規模の代理店さんでもわが社
の2倍、いや3倍くらい平気で実績を出されています。
しかもさらに上を目指しています。
決して数字がすべてではありません。
むしろこだわりはどうやってたどり着くか。
プロセスをとっても重視しています。

自分の中にあった「限界」があっさりとブチ破られたような気分です。モゴモゴ
限界って自分が作りだしてるんですよね。
可能性は無限だな、とここに来ると思い知らされます・・・。
勇気と希望をもらって帰って来ました。

お金と時間をかけて行ったかいがありました。ラッキー
あと、大事なのは前向きな姿勢だと思いました。
どんな状況でも「今から何をするのか」。
出来なかったことを悔やむよりも、これからが大事。
みんなのパワーをいただいて、また前に進みます。
自分の速度で。
みなさん、どうもありがとうございました。ラッキー

出席率100%!

  • 2008-09-03 23:32:32

そう言えば、先日の焼肉パーティーの前に誕生日のお祝いを社員さんに
していただきました。(サプライズで)
誕生日から少し経っていたのでわたしも忘れていたら、内緒で
準備してくれてました。
社員のみなさん、ありがとうございましたラッキー

きょうはLオンズクラブの例会(月2回あります)でした。
しかも記念すべき「例会出席100%100回達成記念例会」でした!びっくり
どういう事かというと、100%出席というのは会員42名全員出席
ということで、それを100回連続達成したということです!!
42名が毎回全員出席するというのはとっても!大変なことです。
普通Lオンズクラブの出席率って60〜70%ぐらいのものです。
80%超えたらかなり高いといわれています。
100%っていうのは「ありえない」ほど高いです。
それを100回も続けるなんて・・・誰が想像したでしょう。
もちろん多少のカラクリはあります。(インチキではない)
メークアップと言って前後13日以内にLオンズの他の行事に参加しても
出席とみなしてもらえます。
それでも実出席でも90%を超えています。
このメークアップでもわざわざしなければ達成できないんです。
たった一人が一回でもチョンボすれば終わりです。

きょうの例会には地区のお偉いさんを呼んでお祝いをしました。
みなさん半信半疑だったと思います。
「絶対出来ない。インチキだ。なんかごまかしてるんじゃないの?」
という声が聞こえてきそうでした。
でも、始めたキッカケやここに至るまでの経緯を歴代の会長・幹事さんが
みんなの前で話しをしていくなか、来賓の方々もわかって
いただけたようです。ラッキー
一番大変だったのが一年目。
その次が二年目。
三年目からは会員みんなの中で「当たり前」に変わっていきました。
それと同時に「大変」どころか、会員同士がより仲良くなり
クラブの雰囲気もドンドンよくなっていきました。
「非常識」から「常識」へ。
「閉塞」から「開放」へ。

なにかを大きく変えることって、とっても難しいけど、その先に
あるものは・・・かけがえのない喜びが待っている、と感じました。
そして、それは決して苦ではなく楽しいものであると。
きっと仕事もいっしょだな、と思いました。
そんな挑戦をしたい、と思いました。ラッキー
金、土は東京で「アフラック次期経営者の会」(研修)です。
また新しいことを学ぼう、という勢いにつながりそうです。楽しい

news
おばあちゃん 2020-09-09 12:20:24
ダイエット編その後 2020-08-27 11:20:09
近況報告 ダイエット編 2020-08-25 12:16:18
送別会 2020-06-02 16:43:26
魔法の時間割 2020-04-30 15:32:09
アーカイブ
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年6月
  • 2020年4月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月