だれかのために。

だれかのために。

  • 2012-05-21 09:05:00
 先週土曜日に岡山県中小企業家同友会の総会がありました。

200名を超える方々が参加されました。

最初に分科会という勉強会がありました。
経営指針・社員教育・地域づくり・障害者問題と4つのテーマがあり
わたしは障害者問題の分科会に入りました。

大阪のシステム会社の社長と社員さんが発表されました。
この会社の社員さん7名中5名が障害を持った方々だそうです!
(失礼ながら)え~、それで会社成り立つの?というのが
正直な感想でした。

話しを聞いてみると、「障害者であろうと、なかろうと能力で判断させて
もらってます。もちろん、健常者の方とはちがうサポートや援助は
必要になります。今日はウチの社員を連れてきましたので直接
話しをしてもらうので聞いてください。」と言って社員さんに
バトンタッチ。

社員のFさん、18歳で事故で頚椎損傷となり胸から下が麻痺、
車イスに乗られてきました。
紆余曲折を経て、Fさんの想いは「引き篭もりには
なりたくない」でした。
社会との接点を持ち、自分なりに人とつながっていたいという
想いでした。
ひょんな縁から社長のOさんと出会い必死に採用をお願い
します。
O社長、その時が起業してから一番キツイ時期だったと
言われました。
でも、Fさんの熱い想いに動かされ採用したそうです。

Fさんは「会社のお荷物になりたくない。働く場所を失いたくない。」
という想いで一生懸命働いたそうです。

O社長は言います。
「このFくん、働いてもらってわかったんやけど、メッチャクチャ
優秀なんですワ。ビックリしましたワ!」

さらに「それと仕事終わって一緒に食事して飲みにも行くんですが
彼の仕事に対する姿勢や想いがわたしにとって、とても勉強に
なるんですワ。生活のために彼は障害者ですから働く必要は
なかったんです。でも、その彼が示してくれた働く意味や
喜び、これがわたしには何よりも彼を採用して勉強させて
もらいました。」

なんという素晴らしい関係なんだろう・・・。
相手の弱いところには手を差し伸べ、いいところを心から
尊敬し認めていく。

これは障害者の問題ではない、われわれみんなの問題だ。
健常者であろうと、障害者であろうと、相手を認め尊重する
ところからその絆が生まれる。

そんなことを教えていただいた分科会でした。

また、当たり前に歩けること、しゃべれること、書けること、笑える
こと、泣けること、当たり前じゃないじゃん!!
しあわせに気づかないしあわせものです。

また強い人に会えました。

ボクももう少しだけ強い人をめざそう。

だれかに少しだけ恩返しをするために・・・・。

スペシャリスト

  • 2012-05-02 17:05:00
先週お客さんのレストランに保険の申込みに行きました。

するとどこかで見た人が座っている。

ワタシ「こんにちは、お久しぶりです」
Mさん「どーも・・・。」

あまりハデなリアクションのないMさん。

でもこの人スゴイんです。
かなり特殊な技術をもっているらしく1本15万円もするメガネを作って
います!
しかも全国から新幹線に乗って購入しにくるらしい・・・。
15万円と言っても「高級ブランドメガネ」ではなく
本来の視力機能にすごい技術を持っているようです。

今では東京や海外にもお店を出し月の半分は岡山から
出ているそうです。
東京のお店では有名人、芸能人、政治家などの人たちで
半年先まで予約でいっぱいだそうです!!(うらやましい)

一人でやっているので代わりの人はいません。
人を育てたいとも思うが、器が小さいので人が信用できないと
言われます。
技術だけ身につけて独立されたら元も子もないと。

そんなうらやましいMさん。
26歳で「ディスカウントメガネ屋」として独立。
最初の3年は面白いように売れたそうです。

その後大手がディスカウントメガネ参入。
その年、売り上げは半分に。
次の年は半分の半分に・・・。

さすがにそれだけでは食べられなくなり、夜お店を閉めてからコンビニや
工事現場で朝までアルバイトをしてたそうです。

そんな中、お店に来たお客さんにいかに満足してもらいながら高額なメガネ
を買ってもらうか真剣に考えたそうです。
そして今の技術にたどり着いたと言います。
それでも10年はアルバイトなしでは食べられなかったそうです・・・。
「10年で20日間しか休めなかった」と言います。

「ここ2~3年ですよ、まぁまぁうまくいきだしたのは」とMさん。

やっぱり・・スゴイ苦労してこられてるんだ・・。
いきなりウマクいったわけじゃない。
いや、ウマクいかなかったから、仕方なかったんだ。
苦し紛れで身に付いた特殊技術。

「人間万事塞翁が馬」(さいおうがうま)と言うけど
苦労したものにしか得られないものって
あるんですね・・・。

一緒にそこで食事をし静かにお店に帰って行きました。
レストランのオーナー「あの人大人しい人だと思っていたけど
けっこうしゃべるんだネ」

そう、いっぱいしゃべってくれました。

Mさんいいお話しをありがとう。
Mさんの高いメガネ、ボクには買えないけど
またお話し聞かせてください。

とても勉強になりました。




 
news
おばあちゃん 2020-09-09 12:20:24
ダイエット編その後 2020-08-27 11:20:09
近況報告 ダイエット編 2020-08-25 12:16:18
送別会 2020-06-02 16:43:26
魔法の時間割 2020-04-30 15:32:09
アーカイブ
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年6月
  • 2020年4月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月