母は強し

母は強し

  • 2011-06-28 18:40:19

最近左足肉離れで週末は大人しく家族サービス。

夏場のスキーの練習はオアズケです・・・。

おかげで家族との時間もいっぱい取れるようになり、妻も気持ちが落ち着いているようです。

こないだの日曜日も午前中妻が美容院に行きたいから「たっくん(5ヶ月)」を見てとのこと。
家で娘二人とたっくんの四人で留守番。
「そーだ、扇風機を買いにいこう!」と思い立ち、娘たちに「行こう!」と声をかけると
「行かーーん!」と即答。
「くくっ・・・。じゃ、じゃあたっくんみといて!」
娘たち「わかったー。」
ワタシ「あ、そーだ!マック行ってお昼食べよーか?!」
娘たち「じゃあ、買ってきて!」
ワタシ「・・・・・・・・・・・。」(ココココイツラ〜)
長女「ワタシ、シャカシャカチキンとポテトのM!」
次女「ウチ、ハッピーセットのナゲット!バーベキューソースで!」

・・・・・おとうさんは、セッセと電気屋とマックに独りさびしく出かけました。(Y_Y)

家に帰ると「たっくん」はいい子で寝てました。
なんだ、少しは困らせてくれればよかったのに・・・。

三人でマックのお昼を食べました。
結局、1時15分ごろ妻が帰ってくるまで「たっくん」はスヤスヤと寝てました。
いい子だなぁ〜。

しかし妻が帰ってくるとパチリと目を覚まし、グズグズと泣き出しました。
ま、わたしも子どもは三人目。
そりゃあ、慣れたもんですよ。
泣いてもかわいい・・・・・。
と、あやしていたが、ダンダン疲れてきた・・・・。
ウッ、背中がつってきた!
ゴメン、たっくん、ちょっと横になってくれ。
たっくん「ぎゃぁ〜〜〜〜!!」
そそそんな殺されるかのように泣かなくても。
とうさんもチョット疲れたんだから〜。
「ぎゃぁ〜〜!ぎゃぁ〜〜!!」
わーった、わーった、ダッコするよ〜。(T_T)
「おおーい、かーさーん。たっくんが。たっくんが〜。」

妻「ごめん、ごめ〜ん」洗濯物を入れながら降りてきた。
妻がダッコするとピタッと泣き止むたっくん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
夜ごはんを済ませたころにはクタクタ。
ソファでウトウト。

(いまさらですが)母親はすごいですね・・・。
こんな怪獣に一日24時間つきあっているんですね。
いや、カワイイですよ、とっても。
だけど「たのむ、ちょっと休ませて」と思いますよ、正直。

あらためて母親の愛の深さに敬服です。
わたしももうチョットだけ協力的な父親を目指そう。
おくさま、いつもありがとう。

さらば経営委員会

  • 2011-06-20 10:20:30

先週の金曜日中小企業家同友会岡山支部経営委員会の慰労会が
ありました。

この6月より岡山支部は新年度に突入しました。
今まであった「岡山支部経営委員会」はなくなり、岡山「県」の
「経営労働委員会」だけとなりました。

ワタシは新たに「地区会」を中心とした「組織活性化委員会」が誕生し、
そちらの委員長に任命されたわけですが。

ワタシが経営委員長として活動に参加したのが5年くらい前だったと
思います。
はじめはワタシと副委員長二人の三人でスタート。
少しづつ「経営委員」も増え、また委員長もピースの大原さん
オーネストの西井さんにバトンタッチし10人ぐらいの仲間になりました。

当初はワタシの不徳の致すところで「委員会活動」を周囲に
理解してもらえず、委員のメンバーの方々にも迷惑をたくさん
掛けつつも、前向きなメンバーに支えられドンドン盛り上がって
いきました。

そんな「経営委員会」もその役割を「県」の経営労働委員会に戻し
取り組んでいくようです。
ま、だれもいなくなるわけでもなんでもないんですが、チョット
さみしい気分・・・。ポロリ

しかし始まった「慰労会」ではミンナ元気!!
明るく楽しくちょっと悪ノリ的な雰囲気もあり、みんな超楽しそう。
委員長西井さんのキャラがそうさせているのか。ラッキー
最近活動にあまり参加できてなかったワタシもその「一体感」に
包まれホントに楽しい慰労会でした。

これからも各委員さん、それぞれの役割で同友会で活躍していかれます。
少し距離はあるかもしれないけど、これからも互いに協力し
楽しくいっしょにがんばっていきたいですね。ラッキー

みなさん本当にありがとうございました。
同友会に関われたのもみなさんのオカゲです。
これからもよろしくお願いいたします!楽しい

回復?!

  • 2011-06-13 18:44:55

ワタシはケガをしたせいで家族との時間も休日に持てるようになりました。

土曜日は子どもたちを連れてエアロビクスのレッスンで山口県まで往復600キロの
ドライブ。自動車
日曜日は久しぶりに父親のお見舞いに病院を訪ねました。
5ヶ月の息子のタックンも初めてお披露目です。赤ちゃん

前に会ったのは2月の初旬。
病院を転院し、病状もだいぶ良くなり、入院した時のことを考えると
奇跡的な回復でした。
病院ではじめて見たときは「あ〜、もう長くないな。」というくらい
絶望的でした。(過去のブログにも書いてます 2010年11月頃)

はたしてどうなっているのか?
4ヶ月ぶりなのでちょっとドキドキしながら行きました。
ワタシは松葉杖を突きながら病室に入ると、そこにはシャキッとした
老人がベッドに座ってヒゲを剃っていました。
「オイ、オイ、たーちゃんか?(わたしのこと)どしたんな?どこが
わりいんな?!」とビックリした様子。
ワタシもあまりに元気な姿にビックリ!びっくり

スゴイ回復力。
入院着を着てなければまったく普通。
いや、ここまで良くなってるとは。
今は点滴もなく、肝臓の薬を服用してるだけという。
病院の中を散歩したりして、体力作りもしているという。

よかった〜楽しい
奇跡です。
ホント。
「みんなのおかげじゃ。」と言ってました。
一時は誰も訪ねることのない家で独りまんじりと死を待つような生活
だったようです・・・。
人は一人では生きていけない・・。

だれかのために、がんばろう。
それがきっと自分のためだから・・・。

シャンソン♪

  • 2011-06-07 21:26:14

きょうは知り合いの人に誘われ「シャンソン」のコンサートに
行きました。

といっても病院の中にあるホールで行われました。
K病院の院長先生の計らいで患者さんや一般の方を無料でご招待。
神戸の有名な女性シャンソン歌手の人です。

ワタシは正直音楽はあまり詳しくありません。
ましてシャンソンなんて初めてのことです。

妙齢の女性の方が出てきて歌い始めましたカラオケ
なかなか優雅な雰囲気です。

シャンソンってフランスの演歌らしいです。(と言われてた)イヒヒ
なるほどそう言われてみればそういう風に聞こえてくる。

音楽に詳しくないワタシでもなんか聞いたことのある曲を何曲か
歌われていました。
詩の内容は若い女性の愛の歌です。
フッと横を見ると60〜70代の女性がみんなとても懐かしそうに一緒に
口ずさんでいます。
みんな遠い昔自分が20代だったころに返ったようでした。
時間は止まり、みんな美しい歌とともにタイムスリップしていました。
とても感動的なひと時でした。
ワタシも胸が熱くなり、涙がこみ上げてくる・・。ポロリ

すばらしい・・・。
これがシャンソンなんだ。
みんなの心に染みわたるとても優雅で気持ちいい音楽でした。

音楽っていいですね。
歌われた女性シンガーの方も歌を歌ったというより、その歌声からは
人生の響きが聞こえるようでした。
とっても感動しました・・・。ラッキー

ケガ!

  • 2011-06-05 14:15:18

きのうはお休みだったので兵庫県にバッグジャンプに行きました。

冬はスキー場で、夏場もスキーの練習がいろいろ出来ます。

人工芝(プラスノー)の上を滑ったり、(モーグルのための)ジャンプ
の練習をしたりします。

バッグジャンプというのはでっかいすべり台をスキーの板を履いて
滑り、ジャンプをします。
着地地点には大きいエアマットがあってそこに着地。
頭や背中から落ちても大丈夫。(といっても痛いが)

そこでヘリコプターという回転技を練習してます。
一回転を360、二回転を720、三回転を1080といいます。
ワタシはいま、二回転720の練習をしてるワケです。
去年から練習してますが、未だ雪上ではやっていません。
今年こそはと思いがんばってます。ラッキー

だいぶ安定して二回転回れるようになってきましたが、まだまだ
課題はいろいろあります。
と、その時、回って着地をしたんですが、足をねじったようでした。
「ウッ!!」
痛い・・・。
痛いじゃあないですかぁ。冷や汗
どうやらふくらはぎのようです・・・。

左足だったのでなんとか運転して帰れました。
行き付けの整骨院に無理言って開けてもらい、診てもらいました。
「う〜ん、全治3週間はかかるナ・・・・。」
「左足緋腹筋筋挫傷(ひふくきんきんざしょう)」というもの
らしいです。
今日は神戸に出張だったんですが急遽キャンセル。ショック

「モーグルスキー」をする以上、ケガはつきものですが、やっぱり
したくはないですよネ・・・。しょんぼり

ま、しばらくは「家族サービス」に徹する日が続くでしょう。モグモグ
前向きに考えましょう・・・・ハァ。たらーっ

news
おばあちゃん 2020-09-09 12:20:24
ダイエット編その後 2020-08-27 11:20:09
近況報告 ダイエット編 2020-08-25 12:16:18
送別会 2020-06-02 16:43:26
魔法の時間割 2020-04-30 15:32:09
アーカイブ
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年6月
  • 2020年4月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月