教育講演会

教育講演会

  • 2011-10-24 22:09:08

 先週は忙しかった。

木金がアフラックの一泊研修会。
金の夜は同友会の教育講演会。
土曜はゴルフコンペに夜は同友会の親睦会。

いささか疲れました・・・。

いろんな人たちにいっぺんに会いました。(それはとっても楽しいことですが)

そんな中の中小企業家同友会の教育講演会について書こうと思います。

同友会は年に一回「教育講演会」というイベントをします。
今回も総勢777名の参加です。

一般の教育関係者や父兄の方々も400名以上の参加です。
ナゼ同友会が「教育講演会」なのか?
地域の人々に支えられている中小企業としては、「教育」をとおして
地域の人との交流を図りたい、お役に立ちたいという趣旨で
19回目を迎えたわけです。(とワタシが偉そうにいうことはない
のですが)

今年呼ばれたIWA川先生。
関東方面の大学教授(だと思います)
40過ぎくらいでしょうか。
ボソボソと自己紹介もなく話しがはじまりました。

最初はなんの話しかもよくわからないまま、じっと聞きました。
どうやら小学校の「学級崩壊」の問題児の話し。
その子Kクンは小2。
まわりの子供達からも疎まれ避けられる暴れん坊。
その新任の担任の先生とIWA川先生のやりとりの話しです。

その中で興味深いのはこのKクンの家庭環境の話しです。
かれは乱暴な兄弟と厳しく折檻をするおばあちゃんと暮らしていました。
そう、そこにはクラスメイトの知らない生活があるのです。
学校では理由もなく人を傷つけたり、騒いだりするKクンも
人に言うこともなく苦しんでいました。
でも彼はずっと学校に来続けたそうです。
だれかに救いを求めていたのか・・・。

そんなKクンも小6になりました。
小6になった彼は相変わらず不器用だけど、クラスの中で居場所を
見つけ、先生の質問や友達と会話をするようになっていました。
担任の先生も何人も変わり、クラスの保護者が交代で授業に参加し、
関わっていく中で少しずつ、少しずつ変わっていったようです。

社会に出ても、はみ出してしまう人、輪に入れない人、浮いてしまう人。
その人の背景に興味を持つ人がどれだけいるでしょうか?

自分の価値観で見るせまい世界を作っているな。

すべての人には幸せになる権利がある。

キレイごとではないIWA川先生の静かだけど、怒りとも取れる
メッセージが伝わってきました。

そういう目線を少しでも持てるようになりたいナと思いました。

今回も大事なメッセージをいただきました。

経営者としてどれだけ実践出きるかわかりませんが
今よりもう少しやさしくなれるといいな・・・。

 

地区会清掃

  • 2011-10-12 10:17:14

先週のことですが、清掃活動をしました。

同友会の中の芳泉・芳田地区というところに所属しています。

約40社の会員企業がありまして、有志が集まり地域清掃をしました。

毎月地域清掃をしているというサンキョーエンビックスさんに集合し
43名の経営者・社員さんで行いました。

わが社からもワタシを含め4名参加しました。

この活動の意義・目的として「地域にお世話になっている感謝の気持ちを清掃という
形で表現しよう」ということです。

我々も初めてのことなのでサンキョーエンビックスの社員さんと一緒に
バイパス側道のゴミ拾いや草抜きをしました。
サンキョーエンビックスA松社長は言います。「徹底的にキレイにすると
ゴミを捨てにくくなるから、徹底的にキレイにするんです。中途半端
だとまた捨てられるんですよ。」と。
なるほど〜
そのとおーりだ

みんなで現地に歩いて行って開始。
ワタシの担当の場所はゴミより、側道から生えた雑草が伸び放題。
7〜8人で抜いてはゴミ袋に詰めるが、袋が足りない・・・。
そうこうしている内に日没が迫り、終了。

ヨソの会社の社員さんとも交流出来、楽しかったです。
また、往復の道で近隣の方々に挨拶をすると、「ごくろうさま〜」と
言ってくださるんで、ちょっといい気分

サンキョーエンビックスさんに戻ってから分別。
終わって手を洗っていると、サンキョーの社員さんがお茶をご用意くださり
ました。
ありがとうございます。

今回はサンキョーエンビックスさんにほんっと何から何までお世話になりました。
サンキョーさんなしでは成り立たない企画でした。
A松社長ありがとうございます。
各社、各人いい経験と刺激をいただきました。

また暖かくなるころ、みんなでやろう!ということになりました。

地域に存在する中小企業。
同じ存在するなら「いい存在」になりたいですね。
そんな思いで行った清掃活動でした。

家族

  • 2011-10-11 10:17:21

いっやぁ〜、気づいたらもう10月も3分の1が過ぎてました・・・。 

10月はけっこういろんなイベントもあり、ネタもあるはずだったんですが
アッという間に11日です・・。

ウチの3番目のタックンは9ヶ月を過ぎ、かわいい盛り。
思わず目尻が下がる存在です。(親バカですナ)

最近一つ気づいたことがあるんです。
休日の早朝、ワタシは一人「ウォータージャンプ」(スキーの練習)に向けて
出発しようと車に乗り込みました。
妻が眠そうな顔をしながらもお見送り。

と、その時小3の次女が重そうにタックンをダッコして連れて
出てきました。
タックンはまだ寝ていたのか、寝ぼけまなこ。
「いってらっしゃ〜い」
長女以外3人でお見送り。(コヤツはぜったい起きん!)

フッと思い出しました。
いつも朝、ご飯時に次女はタックンをむりやり起こし寝室から
連れてきます。
妻は「もう〜、せっかく寝てるのに起こさんで〜」と言われながらも。

ワタシはこの次女の行動がうれしいんです。
タックンに会えること。
そしてワタシの気持ちを察して連れてくる次女の気持ち。
だれに頼まれたわけでもないのに、いつも連れてきてくれる。

妻はいつもワタシが外出する時はどんなことがあってもお見送りを
してくれます。
いつもその点は感心します。
きっとそれをずっと見続けてきた娘が何かを感じ
そういう行動をとってくれてるのかな。

ホントに何気ないことなので見過ごしそうになるんですが、
この次女の行動にはちょっと感動しました。

家族を大事にする妻の背中をだまって見ている子供たち。
ちょっとした日々の行動の中にある家族の絆。

みんなありがとう。

中3の長女も思春期でちょっと態度悪いけど、本人なりに
気も遣ってくれてると感じることはあるんですよね。

みんな元気で笑顔が一番ですね。
とうさんもガンバリマス!

笑顔

  • 2011-09-29 10:33:37

 先ほど、損保の資格更新の研修テストに合格しました・・。

これがけっこうやっかいです・・・。
何年かに一回受けないと、販売資格を失ってしまいます。

商品も時代とともにドンドン新しくなるので、常に勉強していかないと
いけません。

自動車保険、傷害保険、火災保険の3つあります。
各テスト、制限時間40分。
自動車、傷害はなんとかクリア。
残るは火災保険。
残り時間19秒で・・・最後の問題の答えをクリック!!(PCで行う)
合格。
ミッションインポッシブルのテーマが心の中でかかっていました・・。(ふぅ〜・・。)


今日はいつものように朝、自宅を出て出勤。
すがすがしい青空です。
いつものように吉備の中山を通っていきます。
緑いっぱい(木がいっぱい)のトンネルを通っていきます。
窓を少し開け手を出す。
空気もヒンヤリ、気持ちいい・・。

幹線道路に出ていつもの道を走る。
と、向こうから自転車に乗った女の子が。

ここまでは何も変わったことはないんですが、その子の表情。
スッッッッゴイ!!笑顔なんです
一人で自転車をこいでいる高校生くらいの女の子。
友達と話しをしながら笑顔で行く子は毎日見ますが、一人で正面を向いて
満面の笑みで走っているんです。

なにが彼女をそこまで幸せな気分にさせているのだろう?
それともいつもあんな幸せな表情をしているのか。
うらやましいくらいの「笑顔」でした。
それは他のだれかとは関係なく出てくる自然の表情。
わたしには「ほとけさま」に見えました。
それくらいインパクトのある瞬間でした。
見ているこちらもしあわせな気分に。

想い返してみると、時々いるんですよね。
すれ違い様にみる「満面笑顔の人」。

う〜〜〜ん、あんな人になりたい。
どうすればなれるんだろう。

でも、笑顔っていいですね。
人をしあわせにするパワーにあふれています

100キロウォークの集い

  • 2011-09-21 10:36:02

 おととし参加した「100キロウォーク イン 北海道」の主催者 加藤さんが岡山に
来ました。

正確には岡山同友会のA松さんがお呼びしたところ、来てくださったようです。
A松さんを中心として100キロウォークに参加した同友会のメンバーが
15〜6名集まって親睦会をしました。

6年前から北海道で100キロウォークを始めたキッカケから、現在にいたるまでの
お話し、そしてこれからの目標など聞かせていただきました。
とっても熱くて、地元を愛してる気持ちがビンビン伝わってきます。
「町おこしは人おこし」と言われてました。
なるほどな〜、たしかにその通りだなぁ〜。

自分の想いを一生懸命人に伝えて人を動かす。
またその人が次の人へ。
想いが人から人へ伝わっていく。
それが100人も200人も人を呼ぶようなイベントになっていく。
スゴイ。
ものスゴイ熱い想いが人を動かすんですよね。
とっても感動しました。

しかも加藤さん、わざわざこの岡山に来るためだけに北海道から来て
くださったそうです!」
ほんとうに真心(まごころ)ってこういうことを言うんだなぁと
感じました。

集まったみんなもそれぞれ自分の「100キロ体験」を発表して、あらためて
いろんな体験を経験させていただきました。
100人いれば100通りの100キロウォーキング。
すばらしい体験とすばらしい仲間ができました。

加藤さん、ホントにありがとうございました。
また、必ず行きますよ!北海道!

news
おばあちゃん 2020-09-09 12:20:24
ダイエット編その後 2020-08-27 11:20:09
近況報告 ダイエット編 2020-08-25 12:16:18
送別会 2020-06-02 16:43:26
魔法の時間割 2020-04-30 15:32:09
アーカイブ
  • 2020年9月
  • 2020年8月
  • 2020年6月
  • 2020年4月
  • 2020年2月
  • 2020年1月
  • 2019年12月
  • 2019年11月
  • 2019年9月
  • 2019年8月
  • 2019年7月
  • 2019年5月
  • 2019年4月
  • 2019年3月
  • 2019年1月
  • 2018年12月
  • 2018年11月
  • 2018年10月
  • 2018年9月
  • 2018年8月
  • 2018年7月
  • 2018年6月
  • 2018年5月
  • 2018年4月
  • 2018年3月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2015年11月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年6月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月
  • 2009年3月
  • 2009年2月
  • 2009年1月
  • 2008年12月
  • 2008年11月
  • 2008年10月
  • 2008年9月
  • 2008年8月
  • 2008年7月
  • 2008年6月
  • 2008年5月
  • 2008年4月
  • 2008年3月
  • 2008年2月
  • 2008年1月
  • 2007年12月
  • 2007年11月
  • 2007年10月
  • 2007年9月
  • 2007年8月
  • 2007年7月
  • 2007年6月
  • 2007年5月
  • 2007年4月
  • 2007年3月
  • 2007年2月
  • 2007年1月
  • 2006年10月
  • 2006年9月
  • 2006年8月
  • 2006年7月
  • 2006年6月
  • 2006年5月
  • 2006年4月
  • 2006年3月